さあ、賛美しよう

16世紀に起きたルターによる宗教改革では、賛美にも大きなインパクトを与えた。賛美は「神の恵みに対する信仰者の応答であり、感謝のささげものである」(ヘブル13・15 参照)という考えから、ルターは、会衆が母国語で賛美できるようにするため、自ら作詞・作曲をして会衆のための賛美歌を作った。その後、母国語聖書も登場することになる。それまで礼拝に出た人々は、聖歌隊が歌う意味不明のラテン語で賛美するのを聞かされるだけだった。それを、会衆自身が歌えるようにしたことは、文字通り革命的な出来事だった。神と人との間にあった見えない幕が取り払われたような感覚があったに違いない。礼拝の中で、自分の声で神をたたえ、歌詞に心を載せて注ぎ出す。人々は鳥肌の立つような興奮を覚えたことだろう。

さあ、賛美しよう

16世紀に起きたルターによる宗教改革では、賛美にも大きなインパクトを与えた。賛美は「神の恵みに対する信仰者の応答であり、感謝のささげものである」(ヘブル13・15 参照)という考えから、ルターは、会衆が母国語で賛美できるようにするため、自ら作詞・作曲をして会衆のための賛美歌を作った。その後、母国語聖書も登場することになる。それまで礼拝に出た人々は、聖歌隊が歌う意味不明のラテン語で賛美するのを聞かされるだけだった。それを、会衆自身が歌えるようにしたことは、文字通り革命的な出来事だった。神と人との間にあった見えない幕が取り払われたような感覚があったに違いない。礼拝の中で、自分の声で神をたたえ、歌詞に心を載せて注ぎ出す。人々は鳥肌の立つような興奮を覚えたことだろう。

さあ、賛美しよう

16世紀に起きたルターによる宗教改革では、賛美にも大きなインパクトを与えた。賛美は「神の恵みに対する信仰者の応答であり、感謝のささげものである」(ヘブル13・15 参照)という考えから、ルターは、会衆が母国語で賛美できるようにするため、自ら作詞・作曲をして会衆のための賛美歌を作った。その後、母国語聖書も登場することになる。それまで礼拝に出た人々は、聖歌隊が歌う意味不明のラテン語で賛美するのを聞かされるだけだった。それを、会衆自身が歌えるようにしたことは、文字通り革命的な出来事だった。神と人との間にあった見えない幕が取り払われたような感覚があったに違いない。礼拝の中で、自分の声で神をたたえ、歌詞に心を載せて注ぎ出す。人々は鳥肌の立つような興奮を覚えたことだろう。

 3/4で暮らそう 恵みを数えながら

 「NHKあさイチ」などでおなじみ“スーパー主婦”井田典子さん

 

NHK情報番組「あさイチ」や雑誌「婦人之友」、各地での講演などで、暮らしの工夫・片付けなどのアドバイスを行い、「スーパー主婦」と呼ばれている井田さん。未曾有の大災害が起こった2011年3月11日。翌日、担当していた雑誌連載の取材予定日だったが、電車は動かず、取材班は家に来ることができなかった。連載に穴は空けられない、何か執筆しなくてはいけない、そんな状況で井田さんに「与えられた」ことばが、「3/4で暮らそう」だった。

 

 

 3/4で暮らそう 恵みを数えながら

 「NHKあさイチ」などでおなじみ“スーパー主婦”井田典子さん

 

NHK情報番組「あさイチ」や雑誌「婦人之友」、各地での講演などで、暮らしの工夫・片付けなどのアドバイスを行い、「スーパー主婦」と呼ばれている井田さん。未曾有の大災害が起こった2011年3月11日。翌日、担当していた雑誌連載の取材予定日だったが、電車は動かず、取材班は家に来ることができなかった。連載に穴は空けられない、何か執筆しなくてはいけない、そんな状況で井田さんに「与えられた」ことばが、「3/4で暮らそう」だった。

 

 

 3/4で暮らそう 恵みを数えながら

 「NHKあさイチ」などでおなじみ“スーパー主婦”井田典子さん

 

NHK情報番組「あさイチ」や雑誌「婦人之友」、各地での講演などで、暮らしの工夫・片付けなどのアドバイスを行い、「スーパー主婦」と呼ばれている井田さん。未曾有の大災害が起こった2011年3月11日。翌日、担当していた雑誌連載の取材予定日だったが、電車は動かず、取材班は家に来ることができなかった。連載に穴は空けられない、何か執筆しなくてはいけない、そんな状況で井田さんに「与えられた」ことばが、「3/4で暮らそう」だった。

 

 

2017年1月号 目次

2017年1月号 目次

2017年1月号 目次