キリスト教の旅 長崎

 

 ちゃんぽん、カステラ、オランダ坂…。日本の西端に位置する長崎は、鎖国時代、国内唯一の貿易港出島があり、古くから外国への玄関口として発展。異国情緒豊かな文化を生み出してきた。島の数は日本一で自然も豊か。近年では、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録へ向けた推薦や、長崎が舞台の映画「沈黙」の公開もあり、ますます脚光を浴びている。
 しかし、輝かしいエピソードの礎には負の遺産も。第二次世界大戦下での被爆の試練や三百年近くにも及ぶキリスト教迫害と、潜伏キリシタンの歴史は、この地を語る上で避けては通れない。
 長崎の、深い深い、キリスト教の足跡をたどる旅に出てみた。

キリスト教の旅 長崎

 

 ちゃんぽん、カステラ、オランダ坂…。日本の西端に位置する長崎は、鎖国時代、国内唯一の貿易港出島があり、古くから外国への玄関口として発展。異国情緒豊かな文化を生み出してきた。島の数は日本一で自然も豊か。近年では、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録へ向けた推薦や、長崎が舞台の映画「沈黙」の公開もあり、ますます脚光を浴びている。
 しかし、輝かしいエピソードの礎には負の遺産も。第二次世界大戦下での被爆の試練や三百年近くにも及ぶキリスト教迫害と、潜伏キリシタンの歴史は、この地を語る上で避けては通れない。
 長崎の、深い深い、キリスト教の足跡をたどる旅に出てみた。

キリスト教の旅 長崎

 

 ちゃんぽん、カステラ、オランダ坂…。日本の西端に位置する長崎は、鎖国時代、国内唯一の貿易港出島があり、古くから外国への玄関口として発展。異国情緒豊かな文化を生み出してきた。島の数は日本一で自然も豊か。近年では、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録へ向けた推薦や、長崎が舞台の映画「沈黙」の公開もあり、ますます脚光を浴びている。
 しかし、輝かしいエピソードの礎には負の遺産も。第二次世界大戦下での被爆の試練や三百年近くにも及ぶキリスト教迫害と、潜伏キリシタンの歴史は、この地を語る上で避けては通れない。
 長崎の、深い深い、キリスト教の足跡をたどる旅に出てみた。

 ミニ特集:神の”沈黙(こえ)”に迫る二つの物語 映画「沈黙」と「アメイジング・ジャーニー〜神の小屋より〜」

 

今年1月公開の映画「沈黙」は、圧倒的な感動とともに、さまざまな論議を巻き起こし、日本中で話題となった。そしてこの秋、世界のロングセラー小説が原作の映画「神の小屋」が封切られる。二つの作品に共通する問いかけは、「神はなぜ『不幸』を見過ごすのか?」。奇しくも同じ年に日本公開となった両映画の魅力に迫る。

 ミニ特集:神の”沈黙(こえ)”に迫る二つの物語 映画「沈黙」と「アメイジング・ジャーニー〜神の小屋より〜」

 

今年1月公開の映画「沈黙」は、圧倒的な感動とともに、さまざまな論議を巻き起こし、日本中で話題となった。そしてこの秋、世界のロングセラー小説が原作の映画「神の小屋」が封切られる。二つの作品に共通する問いかけは、「神はなぜ『不幸』を見過ごすのか?」。奇しくも同じ年に日本公開となった両映画の魅力に迫る。

 ミニ特集:神の”沈黙(こえ)”に迫る二つの物語 映画「沈黙」と「アメイジング・ジャーニー〜神の小屋より〜」

 

今年1月公開の映画「沈黙」は、圧倒的な感動とともに、さまざまな論議を巻き起こし、日本中で話題となった。そしてこの秋、世界のロングセラー小説が原作の映画「神の小屋」が封切られる。二つの作品に共通する問いかけは、「神はなぜ『不幸』を見過ごすのか?」。奇しくも同じ年に日本公開となった両映画の魅力に迫る。

2017年7月号 目次

2017年7月号 目次

2017年7月号 目次