じんわり、くるよ 八木重吉

 

教師をしながら詩を創作し、29歳の若さで逝った詩人は、キリスト教信仰を中心に日常のなにげない情景や心象風景を扱った詩を多く残した。その文体はわかりやすく、時にユーモラスでもあるのだが、味わい深く、「日本語による信仰の血肉化を果たした」とも評される。今年は八木重吉の没後90年。命も死もどこか希薄に感じるいまの日本で、死を見つめながらも希望を失わなかった創作世界をあらためて見つめてみたい。


じんわり、くるよ 八木重吉

 

教師をしながら詩を創作し、29歳の若さで逝った詩人は、キリスト教信仰を中心に日常のなにげない情景や心象風景を扱った詩を多く残した。その文体はわかりやすく、時にユーモラスでもあるのだが、味わい深く、「日本語による信仰の血肉化を果たした」とも評される。今年は八木重吉の没後90年。命も死もどこか希薄に感じるいまの日本で、死を見つめながらも希望を失わなかった創作世界をあらためて見つめてみたい。


じんわり、くるよ 八木重吉

 

教師をしながら詩を創作し、29歳の若さで逝った詩人は、キリスト教信仰を中心に日常のなにげない情景や心象風景を扱った詩を多く残した。その文体はわかりやすく、時にユーモラスでもあるのだが、味わい深く、「日本語による信仰の血肉化を果たした」とも評される。今年は八木重吉の没後90年。命も死もどこか希薄に感じるいまの日本で、死を見つめながらも希望を失わなかった創作世界をあらためて見つめてみたい。


ミニ特集:
出所者の社会復帰をサポート
五十嵐弘志x森祐理

刑務所を出た人の約六〇%が、再び犯罪を犯してしまうという。その原因はさまざまだが、社会に戻っても居場所がなく、仕事や住居を得るための壁が高いのが実態だ。その結果、犯罪人脈に頼るという悪循環が起きるという。

 それを断つため、出所者の社会復帰支援を行っているのが、NPO法人「マザーハウス」だ。自らも元受刑者で、受刑中にキリストと出会い、出所後に活動を始めた理事長の五十嵐弘志さんと、二十年以上にわたって刑務所での慰問コンサートも行っている福音歌手の森祐理さんに、このテーマで語り合っていただいた。


ミニ特集:
出所者の社会復帰をサポート
五十嵐弘志x森祐理

刑務所を出た人の約六〇%が、再び犯罪を犯してしまうという。その原因はさまざまだが、社会に戻っても居場所がなく、仕事や住居を得るための壁が高いのが実態だ。その結果、犯罪人脈に頼るという悪循環が起きるという。

 それを断つため、出所者の社会復帰支援を行っているのが、NPO法人「マザーハウス」だ。自らも元受刑者で、受刑中にキリストと出会い、出所後に活動を始めた理事長の五十嵐弘志さんと、二十年以上にわたって刑務所での慰問コンサートも行っている福音歌手の森祐理さんに、このテーマで語り合っていただいた。


ミニ特集:
出所者の社会復帰をサポート
五十嵐弘志x森祐理

刑務所を出た人の約六〇%が、再び犯罪を犯してしまうという。その原因はさまざまだが、社会に戻っても居場所がなく、仕事や住居を得るための壁が高いのが実態だ。その結果、犯罪人脈に頼るという悪循環が起きるという。

 それを断つため、出所者の社会復帰支援を行っているのが、NPO法人「マザーハウス」だ。自らも元受刑者で、受刑中にキリストと出会い、出所後に活動を始めた理事長の五十嵐弘志さんと、二十年以上にわたって刑務所での慰問コンサートも行っている福音歌手の森祐理さんに、このテーマで語り合っていただいた。


2017年9月号 目次

2017年9月号 目次

2017年9月号 目次