沖縄 キリスト教の旅

 

2018年のNHK大河ドラマは西郷隆盛が主人公。彼は聖書を読んでいたことが、歴史研究家の中でも定説となっている。西郷が好んで書いた「敬天愛人」の書も聖書のことばを彷彿とさせる。明治維新の立役者の新たな一面を探ってみた。“チャンプルー文化”が魅力の沖縄。(混ぜこぜの意)し、成熟させてきた土壌には、昔ながらの助け合い精神「結」が今も息づき、教会生活にも生かされているという。琉球ことばでの礼拝や沖縄音楽の賛美など、独特の個性を輝かせる教会も。平和や戦争を語るうえでも重要なテーマを数多く抱え、常に発信し続けている沖縄のキリスト教を探る。

沖縄 キリスト教の旅

 

2018年のNHK大河ドラマは西郷隆盛が主人公。彼は聖書を読んでいたことが、歴史研究家の中でも定説となっている。西郷が好んで書いた「敬天愛人」の書も聖書のことばを彷彿とさせる。明治維新の立役者の新たな一面を探ってみた。“チャンプルー文化”が魅力の沖縄。(混ぜこぜの意)し、成熟させてきた土壌には、昔ながらの助け合い精神「結」が今も息づき、教会生活にも生かされているという。琉球ことばでの礼拝や沖縄音楽の賛美など、独特の個性を輝かせる教会も。平和や戦争を語るうえでも重要なテーマを数多く抱え、常に発信し続けている沖縄のキリスト教を探る。

沖縄 キリスト教の旅

 

2018年のNHK大河ドラマは西郷隆盛が主人公。彼は聖書を読んでいたことが、歴史研究家の中でも定説となっている。西郷が好んで書いた「敬天愛人」の書も聖書のことばを彷彿とさせる。明治維新の立役者の新たな一面を探ってみた。“チャンプルー文化”が魅力の沖縄。(混ぜこぜの意)し、成熟させてきた土壌には、昔ながらの助け合い精神「結」が今も息づき、教会生活にも生かされているという。琉球ことばでの礼拝や沖縄音楽の賛美など、独特の個性を輝かせる教会も。平和や戦争を語るうえでも重要なテーマを数多く抱え、常に発信し続けている沖縄のキリスト教を探る。

アイスクリンカフェ
アーク 上間光秀

美海水族館がある、沖縄本島の本部半島は、豊かな自然が残る地だ。その海を望む高台に「アイスクリンカフェアーク」がある。南国の植物に囲まれるように建つ建物は、単なるカフェを超え、大きな構想の一部だと、オーナーは語る。

アイスクリンカフェ
アーク 上間光秀

美海水族館がある、沖縄本島の本部半島は、豊かな自然が残る地だ。その海を望む高台に「アイスクリンカフェアーク」がある。南国の植物に囲まれるように建つ建物は、単なるカフェを超え、大きな構想の一部だと、オーナーは語る。

アイスクリンカフェ
アーク 上間光秀

美海水族館がある、沖縄本島の本部半島は、豊かな自然が残る地だ。その海を望む高台に「アイスクリンカフェアーク」がある。南国の植物に囲まれるように建つ建物は、単なるカフェを超え、大きな構想の一部だと、オーナーは語る。

2018年3月号 目次

2018年3月号 目次

2018年3月号 目次