「終末」を意識して生きる


終末期の艱難と新天新地は、主イエスの十字架の苦難と復活のようだ。

聖書のある終末期は、遠いことのように思ってしまいがちだ。

しかし、主イエスは終わりの時に備えよと警告している。

そこで終末を、もう少し意識して生きる手掛かりを探してみた。

「終末」を意識して生きる


終末期の艱難と新天新地は、主イエスの十字架の苦難と復活のようだ。

聖書のある終末期は、遠いことのように思ってしまいがちだ。

しかし、主イエスは終わりの時に備えよと警告している。

そこで終末を、もう少し意識して生きる手掛かりを探してみた。

「終末」を意識して生きる


終末期の艱難と新天新地は、主イエスの十字架の苦難と復活のようだ。

聖書のある終末期は、遠いことのように思ってしまいがちだ。

しかし、主イエスは終わりの時に備えよと警告している。

そこで終末を、もう少し意識して生きる手掛かりを探してみた。

ゴスペルシンガー・ソングライター
TAKEO

 

 

 

本職は認定こども園の職員というTAKEOさん。献身者として、水郷めぐみ教会のスタッフも務めながら、音楽活動をしている。昨年12月、1stアルバム「恵みの歌」に続き、2ndアルバム「さんびの花束」をリリースした。その制作に至る背景、込められた思いを聞く。

 

ゴスペルシンガー・ソングライター
TAKEO

 

 

 

本職は認定こども園の職員というTAKEOさん。献身者として、水郷めぐみ教会のスタッフも務めながら、音楽活動をしている。昨年12月、1stアルバム「恵みの歌」に続き、2ndアルバム「さんびの花束」をリリースした。その制作に至る背景、込められた思いを聞く。

 

ゴスペルシンガー・ソングライター
TAKEO

 

 

 

本職は認定こども園の職員というTAKEOさん。献身者として、水郷めぐみ教会のスタッフも務めながら、音楽活動をしている。昨年12月、1stアルバム「恵みの歌」に続き、2ndアルバム「さんびの花束」をリリースした。その制作に至る背景、込められた思いを聞く。

 


2018年4月号 目次


2018年4月号 目次


2018年4月号 目次