かつて国が信仰を曲げた時代があった

 

昨年末の選挙で与党による改憲発議が可能になった今、憲法改正の国民投票は現実味を増してきている。キリスト者は真剣に祈り、その結果示されたことに基づいて行動する責任が、神に対しても、後世に対してもあるのではないか。憲法記念日のある5月、後で知らなかったと言わないためにも、憲法を考える時をもちたい。

かつて国が信仰を曲げた時代があった

 

昨年末の選挙で与党による改憲発議が可能になった今、憲法改正の国民投票は現実味を増してきている。キリスト者は真剣に祈り、その結果示されたことに基づいて行動する責任が、神に対しても、後世に対してもあるのではないか。憲法記念日のある5月、後で知らなかったと言わないためにも、憲法を考える時をもちたい。

かつて国が信仰を曲げた時代があった

 

昨年末の選挙で与党による改憲発議が可能になった今、憲法改正の国民投票は現実味を増してきている。キリスト者は真剣に祈り、その結果示されたことに基づいて行動する責任が、神に対しても、後世に対してもあるのではないか。憲法記念日のある5月、後で知らなかったと言わないためにも、憲法を考える時をもちたい。

社会福祉法人汀会 止揚学園園長
 

 福井 生さん

 

 

滋賀県にある止揚学園は、1962年の創設以来、知能に重い障がいをもつ人たちの生活を支援し、その人生に寄り添ってきた。3年前、創設者・福井達雨さんに替わり、次男の福井生さんが園長に就任。「目に見えるものより 目に見えないものを」の理念を受け継ぐ思いを聞く。

社会福祉法人汀会 止揚学園園長
 

 福井 生さん

 

 

滋賀県にある止揚学園は、1962年の創設以来、知能に重い障がいをもつ人たちの生活を支援し、その人生に寄り添ってきた。3年前、創設者・福井達雨さんに替わり、次男の福井生さんが園長に就任。「目に見えるものより 目に見えないものを」の理念を受け継ぐ思いを聞く。

社会福祉法人汀会 止揚学園園長
 

 福井 生さん

 

 

滋賀県にある止揚学園は、1962年の創設以来、知能に重い障がいをもつ人たちの生活を支援し、その人生に寄り添ってきた。3年前、創設者・福井達雨さんに替わり、次男の福井生さんが園長に就任。「目に見えるものより 目に見えないものを」の理念を受け継ぐ思いを聞く。

 

2018年5月号 目次

 

2018年5月号 目次

 

2018年5月号 目次