キリストを慕う旅

聖書ゆかりの地や殉教地は、信仰者を引き付ける。そこへ旅することにはどんな意味があるのだろうか。聖書のリアリティを感じるため? 信仰の厚い先達から励ましを受けるため? 聖書の中では、キリスト者そのものも、天の故郷へ旅する寄留者にたとえられる。クリスチャンにとっての旅を探り、寄留者にふさわしい在り方を探しに行こう。

キリストを慕う旅

聖書ゆかりの地や殉教地は、信仰者を引き付ける。そこへ旅することにはどんな意味があるのだろうか。聖書のリアリティを感じるため? 信仰の厚い先達から励ましを受けるため? 聖書の中では、キリスト者そのものも、天の故郷へ旅する寄留者にたとえられる。クリスチャンにとっての旅を探り、寄留者にふさわしい在り方を探しに行こう。

キリストを慕う旅

聖書ゆかりの地や殉教地は、信仰者を引き付ける。そこへ旅することにはどんな意味があるのだろうか。聖書のリアリティを感じるため? 信仰の厚い先達から励ましを受けるため? 聖書の中では、キリスト者そのものも、天の故郷へ旅する寄留者にたとえられる。クリスチャンにとっての旅を探り、寄留者にふさわしい在り方を探しに行こう。

 
医師 小澤竹俊さん

 

 

絶望の中で、なお光があることを伝えられる医療を。


“多死社会”を迎えようとしている日本で、今後、終末期の患者を在宅で看取る医療の拡充が不可欠と言われている。その最前線で奮闘する医師、小澤竹俊さんにお話を聞いた。

 
医師 小澤竹俊さん

 

 

絶望の中で、なお光があることを伝えられる医療を。


“多死社会”を迎えようとしている日本で、今後、終末期の患者を在宅で看取る医療の拡充が不可欠と言われている。その最前線で奮闘する医師、小澤竹俊さんにお話を聞いた。

 
医師 小澤竹俊さん

 

 

絶望の中で、なお光があることを伝えられる医療を。


“多死社会”を迎えようとしている日本で、今後、終末期の患者を在宅で看取る医療の拡充が不可欠と言われている。その最前線で奮闘する医師、小澤竹俊さんにお話を聞いた。

 

2018年6月号 目次

 

2018年6月号 目次

 

2018年6月号 目次