ノーモア「焼き場に立つ少年」

 

第二次世界大戦の終了直後、原爆を投下された広島と長崎に米軍カメラマンとして入ったジョー・オダネル氏。晩年は、核兵器廃絶のための写真展をアメリカや日本で開いた。今も1万発以上の核兵器を手放せない世界の中で彼の写真が訴えるメッセージと向き合い私たちができることは何かを祈り求めたい。


 

ノーモア「焼き場に立つ少年」

 

第二次世界大戦の終了直後、原爆を投下された広島と長崎に米軍カメラマンとして入ったジョー・オダネル氏。晩年は、核兵器廃絶のための写真展をアメリカや日本で開いた。今も1万発以上の核兵器を手放せない世界の中で彼の写真が訴えるメッセージと向き合い私たちができることは何かを祈り求めたい。


 

ノーモア「焼き場に立つ少年」

 

第二次世界大戦の終了直後、原爆を投下された広島と長崎に米軍カメラマンとして入ったジョー・オダネル氏。晩年は、核兵器廃絶のための写真展をアメリカや日本で開いた。今も1万発以上の核兵器を手放せない世界の中で彼の写真が訴えるメッセージと向き合い私たちができることは何かを祈り求めたい。


 

万座温泉日進舘女将
宮田まいみさん
 

 

 無駄だと思った「廻り道」にも

 

艶やかにほほえむ、老舗旅館の2代目女将、宮田まいみさん。現在のその外見からは想像できないが、元ビジュアル系ロックバンドのボーカルという異色の経歴をもつ。今夏、波乱万丈の半生を書いた自伝が出版された。無駄だと思った「廻り道」。しかし、その間も常に見守っていてくれた方の存在に気づいた─。

万座温泉日進舘女将
宮田まいみさん
 

 

 無駄だと思った「廻り道」にも

 

艶やかにほほえむ、老舗旅館の2代目女将、宮田まいみさん。現在のその外見からは想像できないが、元ビジュアル系ロックバンドのボーカルという異色の経歴をもつ。今夏、波乱万丈の半生を書いた自伝が出版された。無駄だと思った「廻り道」。しかし、その間も常に見守っていてくれた方の存在に気づいた─。

万座温泉日進舘女将
宮田まいみさん
 

 

 無駄だと思った「廻り道」にも

 

艶やかにほほえむ、老舗旅館の2代目女将、宮田まいみさん。現在のその外見からは想像できないが、元ビジュアル系ロックバンドのボーカルという異色の経歴をもつ。今夏、波乱万丈の半生を書いた自伝が出版された。無駄だと思った「廻り道」。しかし、その間も常に見守っていてくれた方の存在に気づいた─。

 

2018年8月号 目次

 

2018年8月号 目次

 

2018年8月号 目次