《「二人」を生きる関係》デートの勧め

元キリスト者学生会関西主事 近藤由美

「あなたはどうして今のご主人(奥さん)との結婚を決めましたか」と質問すると、「~のみことばが与えられたから」と答える人が、女性には多い気がします。それに満足できない私が、「ご主人(奥さん)のどんなところに惹かれたのですか」と再度尋ねると、急に困惑してしまう人が多いのに少し驚きます。そして結婚後しばらく経った人から、「相手の~なところに悩んでいる」などという相談を受けたりすると、私は、そんなことも知らないままに結婚を決めた人の無謀さに、感心してしまうのです。

一生を左右する結婚であるゆえに、祈りはふだんにも増して大切なことであることは承知していますが、結婚することになるかもしれない人に出会っている時に、みことばが与えられるか否かを重要視するあまり、目の前にいる人を知ることが二の次になり、自分自身が決断することを、不信仰であると考えるなら、むしろ神さまのみこころを悲しませている気がします。神さまが、人に、生涯を共にする伴侶を備え、与えてくださるという信仰は、目の前に登場した人をじっくり観察して、自分との相性を自分自身が確かめて決断することを否定するものでは決してないと私は思っています。かえってそうすることこそ、人格的な存在として造られ、信仰が与えられた者の務めだと考えます。

おみくじを引いて、大吉が出るなら結婚するというのと、みことばが与えられたなら、結婚を決意するというのは、主体的な決断から逃げる(他人任せにする)という点において、似通っているように思えて仕方がないのです。

ですから、もしも心を惹かれる人が現れたなら、ぜひ、その人とデートすることをお勧めします。それも良質のデートを。その人についての客観的な情報がいくら多くても、信仰の立派な先輩がたのお墨付きを得ても、その人に向き合い、その人自身を感じ、とらえるのは、自分自身です。その人を「知りたい」と思える(願える)なら、その人に会ってみることです。明るい陽の差す場所で、気持ちを楽にしてその人と話せる所を選ぶとよいでしょう。

「デート」というと、すぐに映画を見たり、コンサートに行ったり、という出会いのための小道具の部分をまず考えるかもしれませんが、好感を持ち、心惹かれている人がどんな人であるかを知り、その相手に自己紹介をして自分を知ってもらうには、会って、共に話してみることです。その人が、自分にとって心を通わすことができる相手かどうかを知るには、「言葉」を交わして確認していかなければならないのです。これには近道はありません。ややもすれば妄想のうちに、自分勝手に相手を作り上げていたり、外見に惑わされて、その人の人となりが見えていなかったりするものです。

言葉と感性

『赤毛のアン』という小説を読むと、主人公のアン・シャーリーの独創性に心惹かれます。感性が豊かで、表現力が抜群です。人に出会っていくうえで、この能力がぜひとも必要になってきます。自分の思いを自分の言葉で言い表す表現力と、どのタイミングでそれを表現するかをわきまえる判断力を身に付けることは、大切なことです。

仮に、デートでコンサートに行くとして、終了後、二人が演奏時間と同じくらいの時間がとれることが最低限必要です。感想を分かち合ったり、そこから発展させて会話を進めることがデートの主目的なのです。一杯の飲み物をはさんで、目の前にいる人が発信してくるものが、自分の心にどのような響きをもたらし、自分の内側の何を触発させるか、二人でいる時に引き出される自分を自分は好きかどうかを把握するのです。心の覆いを外してもっと裸の自分を表したくなるか、それとも覆いをもっとしっかり掛けたいと思うか、自分の心の声を正直に聞き取ることが大切です。

相手の感性に共感や感動するのか、それとも退屈なのか、また見栄を張ったり背伸びしたりせずに自分を出せるか、相手の言葉にどの程度返したいと思えるか、つまり相手の話す内容(相手自身)をどのように受け止めたいと思えるか、……注意深く相手を観察するとともに自分自身を観察するのです。二人の会話の「間」(沈黙)を恐ろしいと感じるかどうか、二人で会っている時の時間の流れは速いか遅いか、それとも退屈か。「二人」でいることに、緊張するか、それともリラックスできるか、気持ちが安らぐか、不快か……、自分が感じ取っているものを、素直に聴いていくのです。

感情表現が苦手な男性は、会話の内容が情報の羅列にすぎないということが多々あります。その流れを変えて男性から気持ちを引き出せる女性であるか。また多弁なわりには、肝心なところで曖昧であったり、説明抜きのいきなりの感情表現をすることの多い女性を、優しく受け止めて軌道修正できる男性であるか。

恋をすると人は誰しもロマンチストになりますが、その時、どれくらい、相手に自分を表現できるかが、鍵だと思われます。(月刊「いのちのことば」2008年7月号掲載)

月刊「いのちのことば」

好評発売中
B6判 148頁 1,300円+税

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る