《四十路へのずっこけ恋愛道》教訓4

勇気を持って信頼できる人の審査を受けなさい。だめんずを選ばないために。

北朝鮮宣教会所属 松本望美

 最近、友人から「つき合っている人に会ってほしいの」と言われることが多くなった。つまり付き合っている男性を「審査してほしい」ということらしい。審査員となった私は、ラブラブモードの二人を前に審査する。後日「ねえ、彼のことどう思った?」と聞かれるので、率直に印象を伝える。「そうね。はっきり言ってあなたにはもったいないぐらい良い人」と言うときもあるし、「たとえるなら、高島屋のように高級なあなたと100円ショップのようなお安い彼って感じ?」と言うときもある(私、何様?)。

 彼女たちは「三十路のお姉さまに彼を会わせるのは怖い」、さらに「望美さんが一番の難関。ここがクリアできないと」と口をそろえる。それは厳しくなりますとも。大事な友人のパートナーになる人なんだから。

 しかし、この審査の目。自分のことになると、なぜか壊れてしまうから困りものだ。

 世の中に「だめんずウォーカー」という言葉がある。だめ+メンズ=「だめんず」で、そんな男を渡り歩く女性を呼ぶらしい。いわゆる「女性にたかる男」「暴力男」「ああ、かんちがい男」などらしい。教会にはそんな男性はいない、だろうと信じている。

 「自分には大きなビジョンがあると言いつつも、何にもしない口先男」とか「理屈や聖書の知識ばかりで、信仰生活はどうよ? っていう矛盾男」とか「なんでもマイナスのことしか口にしない批判男」とか「自分はなんでもできると思っていても、みんなで尻ぬぐいしてますよ、高飛車男」とか……まあ、身近にいるかもしれないけれど、愛をもって接しましょう。

 自称「だめんずウォーカー」な友人が言う。「なんだか、だめんずを見ているとほっとけないの。何かしてあげたくなっちゃって」。尽くしたり、捧げたりすることが好きな彼女に、だめんずが寄ってくるのも仕方ない。「でもね、今は、自分で自分を守るために境界線を張っている」と言う。そういう男性が匂いを嗅ぎ付けて(?)近づいてきても、きちんと自分をコントロールしているようだ。

 ああ、わが独身の友たちよ。いつも目を覚ましていなさい。そして、だめんずを見分けなさい。それは、突然、盗人のように近寄ってくるから。自信がなかったら、三十路ミッション(?)で審査してあげます。なんなら、審査員は「婦人会」のみなさんにグレードアップできますけど……どうします?(月刊「いのちのことば」2007年06月号掲載)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る