《聖書にまつわる怖い名画》『エン・ドルの口寄せの家でサウルに現れるサムエルの霊』

  • 2018/8/14
  • 《聖書にまつわる怖い名画》『エン・ドルの口寄せの家でサウルに現れるサムエルの霊』 はコメントを受け付けていません。

聖書には神以外の物や人に頼って災難に遭った人々が登場します。霊として現れた預言者サムエルの前にひれ伏しているのは、イスラエル王国の最初の王であったサウルです。

サウルは美男子で、強く、背が高く、控えめできわめて有望な人物でした。しかし残念なことに、そんな彼も“絶大な権力”を得て高慢の罪に陥ってしまうのです。サウルは着実に神にそむき、悪い王へと変貌していきます。

神への背信の果てにサウルは絶体絶命の危機を迎え、藁をもすがる思いで霊媒師の女に己の行く末を占わせます。(Ⅰサムエル28章)

そして、かつて自分の頭に油を注いで王としたサムエルの口から、自らの運命を突きつけられるのです――サウルは地面に倒れておびえるばかりでした。翌日、その預言は実現し、サウルもその子どもたちも命を落としてしまうのでした。

サムエルの後ろには恐怖で後ずさりをする衛兵。暗闇の中には馬の頭の骨や、コウモリの翼をつけた頭蓋骨、不気味な表情のミミズクなど、魔術や悪魔を連想させるモチーフが描かれています。

神はオカルトや霊媒を厳しく禁じられます。サウルは国土から魔術の罪を一度は取り除きましたが、自分の心からは取り除くことがついにできませんでした。

サルヴァトール・ローザ(Salvator Rosa、1615年6月20日(あるいは7月21日)― 1673年3月15日)は、イタリア・ナポリ出身の画家、詩人。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る