「大嘗祭」とキリスト教信仰 Q&A集会

  • 2018/12/3
  • 「大嘗祭」とキリスト教信仰 Q&A集会 はコメントを受け付けていません。

「大嘗祭」とキリスト教信仰 Q&A集会

JEA社会、青年、女性、神学委がコラボで

秋篠宮皇太子の発言が波紋を広げ、国費支出や政教分離などの点から「大嘗祭」の問題が浮上してきた。

昭和から平成への代替わり時期、キリスト者や宗教者らは、問題を提起し、様々な発言や運動が展開した。現在も訴訟の動きなどがある。

天皇制代替わり問題に取り組んできた日本福音同盟社会委員会は、神学委員会、女性委員会、青年委員会と共催で、第30回信教の自由セミナー「シンポジウム 天皇の代替わりを私たち〜『天皇の代替わりQ&A』をめぐって〜」を11月30日午後6時30分〜、豊島区の日本アッセンブリー・オブ・ゴッド教団中央聖書神学校で開催する。

天皇制への素朴な疑問について、キリスト教信仰、聖書信仰の観点から考える集会になる見こみだ。

クリスチャン新聞をもっと読む

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る