ここが変わった! 聖書 新改訳2017(3)

「優しさ」と「幼さ」は1文字違い?

聖書学の進歩

▽テサロニケ人ヘの手紙第1 2章7、8節

第3版

それどころか、あなたがたの間で、母がその子どもたちを養い育てるように、優しくふるまいました。このようにあなたがたを思う心から、ただ神の福音だけではなく、私たち自身のいのちまでも、喜んであなたがたに与えたいと思ったのです。なぜなら、あなたがたは私たちの愛する者となったからです。

2017

キリストの使徒として権威を主張することもできましたが、あなたがたの間では幼子になりました。私たちは、自分の子どもたちを養い育てる母親のように、あなたがたをいとおしく思い、神の福音だけではなく、自分自身のいのちまで、喜んであなたがたに与えたいと思っています。あなたがたが私たちの愛する者となったからです。

半世紀前、新約聖書の「底本」は、ネストレ=アーラント二四版でしたが、現在は二八版です。例えば第一テサロニケ2章7節で、かつては「エーピオイ=優しい」という語が本文にありましたが、現在は「ネーピオイ=幼い」です。本文の変更によって、聖書の教えそのものに重要な違いが生じるわけではありませんが、変更すべき箇所は、かなりの数にのぼりました。(いのちのことば社編集部まとめ)

クリスチャン新聞をもっと読む


中型スタンダード版 130×188mm/¥5,400+税 四六判、引照・注付、ビニール装、ジャケット掛け、カラー地図付

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る