ここが変わった! 聖書 新改訳2017(8)

「悪しき者」の出現

詩篇はより詩らしく 表記に関すること

▽詩篇1篇1節

第3版

幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。

2017

幸いなことよ 悪しき者のはかりごとに歩まず 罪人の道に立たず 嘲る者の座に着かない人。

「悪者」は、詩篇においては、文脈に応じて「悪しき者」と訳すことにしました。「悪しき者」(1節)は、単に「正しい者」と反対の「悪者」一般を指すというよりも、「正しい」方、神に敵対する者という特別な意味合いを持たせています。それゆえ、「悪しき者の道」(6節)は「滅び失せる」運命にあるのです。(いのちのことば社編集部まとめ)

クリスチャン新聞をもっと読む


中型スタンダード版 130×188mm/¥5,400+税 四六判、引照・注付、ビニール装、ジャケット掛け、カラー地図付

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る