《 駆出しおとんの「親父修行」》最終回 「私の1年は、『たった1年』じゃない」

KGK(キリスト者学生会)主事 大嶋重徳

 「お父さん、私オーストラリア行きたくない」
 娘の衝撃の告白に、ひっくり返りそうになった。
 1年間、海外で神学について学ぶ機会が与えられそうだ、という話が浮上したとき、もちろん娘がノリ気ではなく、浮かない顔をしていたことは知っていた。だが、家族で安心して行ける国に行かないと、と思い、知り合いの宣教師がいるオーストラリア選んでいたのだ。
 「絶対、いい経験になるから。たった1年だから」と励まし続けた半年間。
 しかし、留学が近づいたある日、娘はまっすぐにこちらの顔を見てこう言った。「お父さん、私の1年間は『たった1年』じゃないんだよ」。
 そして、涙を流しながら、「私には大切な友達がいて、大切な教会がある。もう引越しはしたくない。つらい思いはしたくないよ」。
 今まで親の気持をだれよりも汲んでくれ、大きな反抗なんかしなかった娘が本気でボクの前に立っていた。
 香澄が生まれたときに、娘の誕生を祝ってカードが届いた。その中に「神様からいのちを預かったんですね」という言葉があった。預かり物とは、やがてお返しする日がくるということ。お返しする日が来るということは、自分の思い通りに育ててはいけないということだ。神様の願っておられるように育てるということだ。
 本気でぶつかってきた娘の思いを前にして、それでも無理やり連れていくならば、ボクら夫婦と娘との間で築きあげてきた大切な何かが、壊れることになるだろうと思った。「……これで留学は中止か」目の前が真っ暗になるボク。
 すると妻がさらりと、「これで留学に行けなくなったら、あなたもあなたで歪むよね。私が日本に残るから、あなたは1人で学んできて」
 まじか、行っていいの? なんてかっこいいボクの妻。
 娘が大人になっていく。ついこの間まで女の子だと思っていた娘が、1人の大人の女性に変わってしまっていた。
 「いつの間にか、親の後をついて回ってくれた女の子じゃなくなったんだね」
 「あなたはきっと、そこにショックなのよ」
 「うん、そうかも」
 比較的、仲の良い父と娘のつもりでやってきた。
 「誕生日プレゼント、何がほしい?」
 「うん、ブーツかな」
 「じゃあ、一緒に買い物に行こう!」
 「うん、お父さん大好き!」
 そんな日がこのまま続くはず。そんなことを思っているボクに、先輩親父たちは「絶対、お父さんのことを嫌いになる時が来るね」とニヤニヤしながら言ってくる。
 「うーん、最低2年はずっと不機嫌だね」
 「程度の差もあるけど、それもまた成長なんだよね」
 「お父さんが『何だかイヤ』がないと、それはそれで先々良くないんだよ」
 そして息子もまた大人になろうとしている。
 「ボクさぁ、『大嶋先生の息子でしょ』って知らない人に言われるの、本当にイヤなんだよね。あと『小さな頃抱っこしたんだよね。覚えてる?』と聞かれるのもイヤ。こっちは『はあ……』って、苦笑いするしかないじゃん」
 これからも息子は、〝牧師の息子〟と呼ばれることに辟易し、「オレはオレだ!」と叫ぶ日が来るだろう。
 父親を越えていこうとする子どもたちを見ると、「そう簡単に越えさせないぞ」という思いがムクムク湧き起こる。でも、「うちは、お父さんが強いからなあ。もうちょっと息子に負けてあげたほうがいいよ」と妻。うーん、そうかなあ。でもまだもう少し、越えづらい父親でいたい気もする今日この頃。

 この春、娘は家族旅行よりも教会のキャンプを優先した。
 今彼女には、信仰の友達がいる。親よりも友達をとることの大切さ。
 そして、キャンプから笑顔で帰ってきた娘がボクに言う。
 「お父さん、洗礼を受けます」
 ついにその日が来たか……。涙のイースター。
 香澄、クリスチャンになっても、きっといろんなことで悩むだろうけど、イエス様と一緒に越えて行け。
 そして、お母さんになって、おばあちゃんになって、その子ども、孫にまで、この信仰をつなげていくんだよ。(月刊「いのちのことば」2013年9月号掲載)

大人気第7刷!
新書判900円+税 128頁

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 同志社大学社会学部教授 木原活信  小さい頃からファーブルの世界に憧れ、今でも無類の生物好きである…
  2. Jリーグ セレッソ大阪U18コーチ 松波正信 プロフィール (現役時代) 1990年~19…
  3.  堕落した御使いにはリーダーがいる ある日、神の子らが主の前に来て立ったとき、サタンも来てその中に…
ページ上部へ戻る