神戸キリスト教の旅

長い鎖国の後に、開港場の一つとして外国との窓口となった神戸。一時期は東アジアでも有数の港として活況を呈し、外国人居留地を中心にキリスト教会も建てられ、西洋文化の舶来とともに宣教も進められた。洋館や教会など、今もキリスト教ゆかりの場所が多く残る街を、神のはたらきに思いを巡らしながら訪ね歩く。

神戸キリスト教の旅

長い鎖国の後に、開港場の一つとして外国との窓口となった神戸。一時期は東アジアでも有数の港として活況を呈し、外国人居留地を中心にキリスト教会も建てられ、西洋文化の舶来とともに宣教も進められた。洋館や教会など、今もキリスト教ゆかりの場所が多く残る街を、神のはたらきに思いを巡らしながら訪ね歩く。

神戸キリスト教の旅

長い鎖国の後に、開港場の一つとして外国との窓口となった神戸。一時期は東アジアでも有数の港として活況を呈し、外国人居留地を中心にキリスト教会も建てられ、西洋文化の舶来とともに宣教も進められた。洋館や教会など、今もキリスト教ゆかりの場所が多く残る街を、神のはたらきに思いを巡らしながら訪ね歩く。

2016年7月号 目次

2016年7月号 目次

2016年7月号 目次