福音を生きるシェアハウス

 

 

一軒の家を複数の人で借りて住むシェアハウスがじわりと広がっている。職業も家族構成も違う人たちが、一つ屋根の下に住む。一軒家から、元寮だった建物までさまざまだが、教会やクリスチャン主体で運営するところも登場している。「神の家族」であるクリスチャンとシェアハウスの相性は、思いのほか、よいかもしれないと思いつつ、その現場を訪ねてみた。

 

 

福音を生きるシェアハウス

 

 

一軒の家を複数の人で借りて住むシェアハウスがじわりと広がっている。職業も家族構成も違う人たちが、一つ屋根の下に住む。一軒家から、元寮だった建物までさまざまだが、教会やクリスチャン主体で運営するところも登場している。「神の家族」であるクリスチャンとシェアハウスの相性は、思いのほか、よいかもしれないと思いつつ、その現場を訪ねてみた。

 

 

福音を生きるシェアハウス

 

 

一軒の家を複数の人で借りて住むシェアハウスがじわりと広がっている。職業も家族構成も違う人たちが、一つ屋根の下に住む。一軒家から、元寮だった建物までさまざまだが、教会やクリスチャン主体で運営するところも登場している。「神の家族」であるクリスチャンとシェアハウスの相性は、思いのほか、よいかもしれないと思いつつ、その現場を訪ねてみた。

 

 

書家
藤沢 晶子さん
 

 

 神様がくれた「私の字」

 

 納得のいかないことに対し、黙って人と同じように振る舞うことのできない性分は、この国では時にうとまれ、軋あつ轢れきを生むこともあった。それでも追求せずにはいられなかった「自分の字を書いて生きていく」という道。厳しい書の世界の中でふと出会った聖書のことばの先には、これまでの自分を絶えず見守り、手を差し伸べてくださっていた方がいた。

書家
藤沢 晶子さん
 

 

 神様がくれた「私の字」

 

 納得のいかないことに対し、黙って人と同じように振る舞うことのできない性分は、この国では時にうとまれ、軋あつ轢れきを生むこともあった。それでも追求せずにはいられなかった「自分の字を書いて生きていく」という道。厳しい書の世界の中でふと出会った聖書のことばの先には、これまでの自分を絶えず見守り、手を差し伸べてくださっていた方がいた。

書家
藤沢 晶子さん
 

 

 神様がくれた「私の字」

 

 納得のいかないことに対し、黙って人と同じように振る舞うことのできない性分は、この国では時にうとまれ、軋あつ轢れきを生むこともあった。それでも追求せずにはいられなかった「自分の字を書いて生きていく」という道。厳しい書の世界の中でふと出会った聖書のことばの先には、これまでの自分を絶えず見守り、手を差し伸べてくださっていた方がいた。

 

2018年10月号 目次

 

2018年10月号 目次

 

2018年10月号 目次