聖書に学ぶ 生き方マガジン

『百万人の福音』は聖書に忠実な信仰に立つプロテスタントのキリスト教雑誌です。 神が天地万物を創造されたこと、そのひとり子イエス・キリストが私たちに神との平和と永遠のいのちを与えてくださったことを、この雑誌を通して証ししていきたいと願っています。

百万人の福音 2019年11月号

いのちのことば社
smartphone-1

特集 空の星を、見よ

 東日本大震災が起きた時、大停電のために満点の星が夜空に輝き、多くの人が目を奪われたという。その証言を集めたNHKの番組が放映され、全国のプラネタリウムでも、その時の星空を再現したプラネタリウム番組が投影された。不安と喪失の闇の中でも、人の目を上げさせずにはおかない星々。それを創造したのは神だと聖書は語り、創世記から黙示録に至るまで、神の栄光を表すもの、希望への道しるべとされている。いつも当たり前のように空にある星に、その背後にある存在の不思議な力に、迫ってみたい。

旬人彩人
童話作家 岩佐めぐみさん

十五年越しで出版の童話 ドイツ児童文学賞を受賞

 たいくつなキリンが、「地平線の向こうで最初に会った動物に渡してほしい」と、配達人に手紙を託す。受け取ったのはペンギンで、二人は手紙のやりとりを通し、まだ見ぬ相手の姿を想像する̶。このユニークな童話『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』が二〇一八年、「高い文学性をもつ」としてドイツ唯一の国営文学賞「ドイツ児童文学賞」を受賞した。作者である岩佐めぐみさんは、二〇〇一年に日本で同書を出版(絵・高たかばたけ畠純、偕成社)。十七年を経ての快挙に、「神様のなさることは想像を超えている」と話す。

smartphone-2
smartphone-3
smartphone-2

お客様の声

Quote 1

「百万人の福音」をお送りくださり、ありがとうございました。いろいろな記事が書かれてあり、とても楽しめ、また心が充実し、勉強にもなりました。

(愛知県・Kさん 女性) Quote 2
Quote 1

年末になり、いくつかの連載が最終回になって寂しいと感じます。しかし、次号以降の新しい連載にも期待したいです。これからも貴誌をしっかりと読んでいきますので、よろしくお願いいたします。

(愛知県・Yさん 男性) Quote 2
Quote 1

12月号の掲載記事は、特集、「あしあと」、「旬人彩人」、連載小説などが特に興味深く、充実した内容でした。

(群馬県 Kさん 男性) Quote 2
Quote 1

「百万人の福音」の存在は知ってはいましたが、読むのは初めてでした。カラーページや、マンガなどもあって大変読みやすい本でした。日々のんびりと過ごしていますので、知らない事、驚く事も載っていました。教会や本、映画の案内まであって…。編集スタッフの皆様、寒さに向かいますが、ご自愛くださいませ。

(茨城県・Tさん 女性) Quote 2