《イベント》東日本大震災国際神学シンポジウム 開催

イベント

《イベント》東日本大震災国際神学シンポジウム 開催

平和の子に変えられる

「あの日、あの時のことを覚えている?」
東日本大震災当時、小学生、あるいは中学生だった現在の大学生たちが、震災を経たこれからの教会を考えた。東日本大震災国際神学シンポジウム青年の部が、2月1日、東京・千代田区のお茶の水クリスチャンセンターで開催された。企画は母体の異なる学生クリスチャングループ、ACF(青山キリスト学生会)、KGK(キリスト者学生会)、SCF(学生キリスト教友愛会)の学生たち。「平和の子 ~Transformation by God~」のテーマのもと開会礼拝では、東京神学大学神学生の田中真さんがエレミヤ1章7、8節から聖書説教。アイスブレイクを経て「『平和じゃない』って?」という発題のディスカッション、講演「平和の子」(小川真・KGK主事)を聞くなどで交流を深めた。

 フラー神学大学院教授を交えた国際シンポジウムは、「苦難の中でシャロームを生きる」の全体テーマで1月31日の神戸集会を皮切りに始まった。2月3日には福音派、プロテスタント主流派、カトリックからの登壇者が立つシンポジウムが開催される。
(クリスチャン新聞オンラインより)
クリスチャン新聞をもっと読む