《ニュース》世界の迫害状況

  • 2019/2/9
  • 《ニュース》世界の迫害状況 はコメントを受け付けていません。

《ニュース》世界の迫害状況

女性「二重の迫害」、宗教統制拡大 オープン・ドアーズ報告

世界150か国にわたって、キリスト者への迫害の状況を調査し、迫害の深刻な50か国の年間ランキングを公表している宣教団体「オープン・ドアーズ」が、「ワールド・ウォッチ・リスト2019」をリリースした(2月3日号で一部既報)。公表されたリストから、全世界の迫害の傾向、各国の状況、祈祷課題を抜粋する。

迫害の傾向

  1. 女性に対する迫害
    女性は、自分の信仰と女性であることのゆえに「二重の迫害」を経験している。女性に対する性的な暴力は、クリスチャンのコミュニティーを破壊する有効な方法であり、行為の性質からなかなか表面化せず、その実態を把握することは困難である。
  2. イスラムの弾圧が継続している
    上位7か国の迫害の主原因はイスラムにある。彼らの中でクリスチャンは二流の市民として扱われ、職業差別に遭い、暴力にさらされることもある。
  3. 世界最多人口の中国とインドがランキングされている
    ともに13億人以上の人口を要するインドと中国が、10位と27位に入った。インドは初のトップ10入り、中国は昨年の43位から一挙に16位上昇した。
  4. サハラ砂漠以南へのイスラム過激派の拡大
    中東を追い出されたIS(イスラム国)や他のイスラム過激派がサハラ以南のアフリカに拡散し、女性や少女を奴隷にしている。
  5. 法律による宗教統制の拡大
    顔認識システムなどのデジタル技術を利用して、国家による宗教上の権利の厳格な管理が強化されている。

 

迫害状況、祈祷課題

  • 北朝鮮(1位)終わりのない圧力と暴力
    3世代にわたる金ファミリーの偶像化が行われ、クリスチャンは根絶されるべき敵対者と見られている。

    1. 外交努力が実を結び、迫害が軽減されるように
    2. 当局とノンクリスチャン家族、友人からの迫害からクリスチャンが守られるように
    3. 労働収容所、僻地農村部で苦しむクリスチャンのために。
  • アフガニスタン(2位)キリスト教の存在が許されない
    イスラム国家ゆえに、他のすべての宗教に敵対的。改宗は、家族、部族、国家への裏切りであり、反逆罪と同等。

    1. 改宗者に勇気と保護が与えられるように
    2. 支配層が軟化するように
    3. 接触を完全に断たれ孤立しているクリスチャンのために。
  • ソマリア(3位)暴力と孤立の毎日
    99%がイスラム教徒であり、クリスチャンへの迫害はほぼ暴力を含む。多くの農村地域では、イスラム過激派が支配者。

    1. 孤立したクリスチャンの安全と信仰のために
    2. 暴力と抑圧から守られるように
    3. 政府指導者の救いのために。
  • リビア(4位)混乱と暴力
    イスラム過激派のゆえに、信者は虐待と暴力にさらされている。移民も標的にされ、信者の場合はさらに激化する。

    1. 孤立した信者が連帯し、勇気付けられるように
    2. 二重に迫害される移民の信者のために
    3. 政情が安定し、宗教的少数者の権利が守られるように。
  • パキスタン(5位)露骨な差別と暴力
    冒涜法により、信仰は死刑の可能性を含む。政府はイスラム過激派とも関係を維持し、信者は二流市民とみなされる。

    1. ムスリムからの改宗者のために。彼らは背教者、家族の恥と見られている
    2. 冒涜法により告訴された信者が暴力から、不当な裁判から守られるように。
  • スーダン(6位)イスラムを支持する独裁者
    少数派宗教に対する権利が制限され、言論、報道の自由が抑圧されている。教会の建物が複数破壊され、礼拝の場が無くなった。

    1. 破壊の恐れの無い礼拝場所が与えられるように
    2. 背教の告発に対して、改宗した信者が強められるように
    3. 聖霊が指導者たちの心に働き、彼らが正義と平和を希求するように。
  • エリトリア(7位)非人道的な刑務所と悲惨な人権侵害
    2018年に起きた教会への襲撃により、何百人もの信者が非人道的な状況で投獄された。その後の消息は不明である

    1. 投獄された信者のために
    2. アフェウェルキ大統領に神が働かれ、福音の真理が明らかにされるように
    3. 信者が協力し、一つとなれるように。
  • イエメン(8位)イスラム主義がもたらす戦争と不安
    内戦による人道危機が国内に混乱をもたらしている。信者は迫害され、私的な礼拝さえ危険な状況にある

    1. 内戦が治まるように
    2. 生活、医療物資が確保されるように
    3. 改宗した信者が勇気と忍耐を持てるように。
  • イラン(9位)改宗も説教も違法
    信者は未信者への信仰表明を禁じられている。そのため、公用語であるペルシア語での礼拝は許可されていない。地下の家の教会への出席は、逮捕の危険をともなう。信者の権利と職業選択は厳しく制限されている

    1. 法律が改正され、信教の自由が認められ、改宗信者の危険がなくなるように
    2. 家の教会に集まる信者が守られ、証しができるように。
  • インド(10位)信者に対する継続的暴力
    ヒンズー教徒の過激派による攻撃が増加している。彼らはヒンズー教徒でないインド人を認めない。改宗者は極度の迫害、差別、暴力にさらされている

    1. ヒンズー教に戻るよう圧力をかけられている改宗信者のために
    2. 神の備えと守りにより、福音を語れるように
    3. インド政府が宗教的自由を認めるように。

クリスチャン新聞をもっと読む

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る